【グラブル】2017.8.13グラオケ追加公演 雑記
2017-08-14 Mon 00:00


Granblue Fantasy Orchestra
SORA NO KANADE
東京追加公演

廃れ雑記レポート

文字が下手&ひよって小さく書いてしまって読めない…!


場所は東京オペラシティ。初台にある三角の高い天井が特徴的なホールだ。
自分は東方オーケストラの時に一度来ている。

前回と場所が異なるので誤って渋谷のオーチャードホールに向かったうっかり騎空士もいるのではないだろうか。
会場と開場時刻、日付、アクセス所要時間は確認すべし。

新宿駅から初台へ行くためには「京王線」ではなく「新線京王線」であり、
そこまでたどり着くのに新宿駅内をわりと歩くので新宿駅でのタイムロスは考慮しておきたい。

だいたいどの方角か分かっていても、ルートに困るくらいだからあまり新宿駅来ないような人ならなおさら。
歌舞伎町方面(東口)へ出てしまった場合、いったん地下(丸の内線)側へ降りて西口への連絡通路を抜けないと反対側に出てこれない。迷うと新宿の地下で出口を求めてさまようことになるここは新宿パンデモニウム。




TGS2015のミニチュア。ディスプレイには実際に映像が流れている。


「エルーンのお姉さん」
画像左の子は去年の大阪会場に、右の子は渋谷会場にいた子と思われる。

列に並ぶと1回1撮(※)で撮影に応じてもらえるので、迷わず並ぶ。
物販は後で入手できるが、女の子との撮影は二度目がないと思って気持ちが熱いうちに臨むべし。

※つまりもう1回撮りたければもう一度並ぶ。ほら、僕ら周回得意でしょ。


関係あるかもしれない記事
2016.8.12グラオケ 雑記
2016.10.10グラオケ大阪 レポート


チェックインポスター。
皆がポスターに向かって一様にカメラを向けているので、場所はすぐ判る。
グラパスチェックインを起動すると画像認証が行われる。

物販では演奏の間に入る小話で露骨なマーケティングをされた
新サウンドトラック「Fate」を先行入手。

かなり最新の曲まで収録されている。


例のブラックボード。
最初は皆遠慮して書き込みが控え目。


最終的にはだんだん増えていった。


セットリスト
リヴァイアサン・マグナの笙(しょう)の音色を表現する手法についてストリングスと金管でやってるのかな?
と思ったがどうやら別の手法取り入れたらしく。

個人的にはルーマシー群島の最初の弦楽器隊の「弱めの弾きをずっと継続」が緊張感ハンパじゃねぇと感じた。


今回追加された新譜。パンフに思いっきり展開が書いてあるが、コンサートまでくる程のコアな騎空士ならメインストーリーくらい追ってるやろ、というところか。

「星は空高く」 頭上の輝きはあまりにも遠く
ラスボス戦を想定されて作った曲で、ゲームの戦闘を演出するということで、いろんな場面を盛り込んだら長くなりすぎたと植松氏。当初14分もあったので短くしたが、それでも8分に及ぶ演奏というのはめちゃ大変だろうと思う。

交響楽団の方々もほんとよく奏でたな…。

オーケストラにすると下地の音のFF味がすごい。植松氏らしい曲と感じる。

「人間との戦い」 星の獣との死闘の最後に待つのは、同じ人間だった
「曲のタイトルが成田と植松で扱いに差がある」という去年の小話から派生。
植松氏が新しく命名するということでカレー作りからの子供の野菜好き嫌いを唐突に語りだし、成田氏が「それニンジンや」と突っ込み
「ニンジンとの戦い」で〆るという即席ショートコント。

個人的に一番オーケストラで聴きたかった曲なので、非常に満足。



画像はパンフより(場所は大阪会場だろうか)

今回座席がコンマス(=コンサートマスター:第一ヴァイオリントップ奏者)の目の前という超当たり席。
技術の粋が集まって奏でる波動というのはなんとハートに響くことか。

ラストアンコールで例の曲をやり、指揮者の栗田氏が序盤に手拍子を促し、
観客の手拍子とともに演奏をクライマックスにもっていく。

今回のコンサートが初めてだという人も多く、盛り上がったのではないだろうか。


他、印象に残ったこととして外国人客の姿(アジア系、白人、黒人、南米系)を散見した。





英語版リリース以降、海外プレイヤーの存在は認知していたがいざ目の当たりにすると規模感が拡がっている感じがして不思議な気分だった。


・・・


俺、あまり課金するタイプじゃないけどこういう価値ある経験には金払うよ。
また次回の開催を期待したい。



関係あるかもしれない記事
プロに聞くゲームオーケストラ


別窓 | グランブルーファンタジー | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
【グラブル】浴衣ジーク実装、他雑記
2017-08-11 Fri 00:00

完全に忘れていた。
浴衣ジークフリートが実装されている。
やや、日付をさかのぼって投稿する。


風攻刃大とは別に主人公のみにリジェネがつく。
攻撃を吸う「剣聖」向きだろうか。


四騎士にはいなかった風属性でのリリース。

ちなみに私の土属性においてジークさんはわりとスタメン。


マグナ編成でもモリっと250万前後(追撃70万込み)のダメージを叩きだすその姿はまさに竜の騎士。
自分はフルアーマースキンとか好きです。

・・・

雑記)弟の幻聴

この写真を撮った時点では、ジェシカのスキンを適用した際に「いない弟との掛け合い」が入るバグが発生していた。
最初は「弟キャラ(画像ではカイン)」が存在するので、それと誤判定でも起こしてるのかと思ったが、そもそも掛け合い自体がキャラがそれぞれしゃべってるのではなく、一つのキャラからフラグに応じて複数の音声が入った掛け合い音声セットを流しているというものに見受けられる。

姉もまた、弟と似た病気を発症している
と思うとなかなか怖いところだ。
グラブル夏の怪談である。

・・・

雑記)終末のピクニック

ジャンヌ、ルシオ、エリーゼ。なんか若夫婦と子供に見える。
今や、「ちょっくらバハムート狩ってくる」のノリで瞬殺されるプロトバハムート(通称よわばは)さん。
あの頃も理不尽だなんだの騒がれていたのも今は昔。

関係あるかもしれない記事
プロトバハムート 初見(2015.3)
2015.3.10 一周年アプデ

カタストロフィを生き残った彼らの明日はどっちだ。

・・・

雑記)放置主最期の汁チェイン

放置が多すぎて自分だけじゃ削り切れなかったアテナにて。
アテナは最後の押し込みがデバフ不足だときついので放置者多数で悲惨なことになった。
残り20分で焦ったのか、最初から自発放置していた主が戻ってきて汁チェイン連発。
ログからカタルシスを感じる場面であるが、自発放置の代償は彼に高くついた。

放棄せずに自分で結を拭いた点については評価したい。


別窓 | グランブルーファンタジー | コメント:1 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
【グラブル】廃れ雑記的チケットで採る召喚石評価2017年8月
2017-08-09 Wed 05:00

コラボ発表のためか、キャンペーンのためなのか自分のまわりでもプレーを始める人が現れ、スタートダッシュガチャセット(スタダ)とサプライズスペシャルガチャセット(サプチケ)の使用先を聞かれることがあったのでまとめた。

キャラについては「とりあえずサクサク進めたいなら」という前置きをおいて
SSRヨダルラーハお師さんでいいと思う。
RANK10だろうが条件がそろえば「おおっと、手が滑ったわい~」
と軽口を言いながら999999ダメージを叩き出し、
自力で99万ダメージが出せるようになる頃にスッっとスタメンから外れていく姿はまさに騎空士の師。

なお薦めている本人の私はSSRヨダルラーハを持っていない。
Rヘイゼンから始めて現在までなんとか折れずに生き残っているソルジャーである。


かの加藤英美里女史もRヘイゼンからスタートしたというし、ヘイゼン教官に指導されてきた騎空士は少なくないだろう。
彼の鉄拳に倣い、ヘイゼン出身騎空士を「鉄拳衆」とでも呼ぼうか。

いや、違うゲームになってしまうのでよそう。


※イオがストーリーで仲間になるまで武闘派僧侶と一緒にゆっくりバルツまでプレーしていた。
参照:FQ「栄光・覇者」初見攻略戦(2015 対アワリティア)

・・・

石だとしたら何を採るか

そんなソルジャーたる私は当時なかなかお金を突っ込むことはせず、この指名チケットは縁がないものだった。
初めてチケットを使ったのはキャラではない。
石のオーディンであった。

参照:サプチケはこれを採った(2015.7)

結果的には光・闇属性石に悩まされる(シュヴァリエ、セレストで戦力を出そうとするとマグナ武器が整うまでが非常にきつい)という事態から一時的に緩和され、そのうえ光・闇どちらかのサポート石スロットが1枠空くことで石選択の柔軟性も増えた。

モチベーションが高まるキャラも良いが、このゲームにある程度楽しめそうな初・中級者ソルジャー諸君には
神石が入っていないこのラインナップの中では個人的にオーディンを薦めておくこととする。

・・・

石のざっくり評価

初心者はつい「最大攻撃力高い順」で石を並べてしまうようだが、それは罠である。
石に関しては最大攻撃力などのステータス値は二の次であり、
加護効果と召喚効果を見るべき
だ。

※「わざわざ取らなくていい」とは:最終開放が実装されたけど、現在の環境では正直使いどころが困るよということ。ガチャから自然に出ることもあるのでチケットで無理して取る必要がないよ、ということ。

※「現在はわざわざ取らなくていい」とは:最終開放が実装されていないため、今後化ける可能性があるかもしれない石だということ。開発側の優先度が低そうな印象で、ガチャから自然に出ることもあるのでチケットで無理して取る必要がないよ、ということ。


サタン:いまだに最終開放がきておらず今後に期待。「ぐらぶるっ!」ではルリアのお供としてよくネタになっている。
フィールド効果(アポカリプスとか)を持つ新世代石になるのではないかと個人的な予想。

マリウス:水で出ればとりあえず当たり。あまり腐らない。
鍛えるとこちらのゲージ上昇量もアップする。


オリヴィエ:闇の50%石以上があれば無理してとる必要はない。


グラニ:最近、奥義上限調整がされたのでAT時のぶっぱに一役買うかもしれないが、素直に属性を育てていきたい。優先度は低め。初期は加護効果がチェインバースト250%だったため属性を無視して「グラニ砲」が猛威を奮ったが現在は頭を抑えられている。

リッチ:鍛えるとスリップダメージを回復変換できるが、そういうバトルに至るまでに他に鍛えるべき石がある。優先度は低い。


アニメでは幽閉ルリアが呼び出し、強キャラ感をアピールしていったが味方だとステータスが高いだけで別にそうでもない。
ガチャでもよくアピールしてくるため、中途半端なハズレSSRとして「リッチ先輩」の呼称で親しまれることとなった。


バアル:召喚で弱体回復できる便利な石。自然に出れば当たりの部類。
加護効果は中途半端なので、石がない序盤のお供。

アテナ:金剛晶(SSR上限解放アイテム)の捧げ先にもなっている有用石。出れば当たり。
ベーススペックも高くすべての編成で腐らない。パンツは白。



アポロン:最終上限解放の「召喚で弱体予防を張れる」により立ち位置ができた石。
序盤はよくある光50%石。序盤に拾えたら光属性のお供になる。

オーディン:光・闇の両方に作用する石。召喚効果の敵防御ダウンが強力で、加護効果50%の見た目以上に体感ダメージを上げてくれる。ステータスも高く、鍛えるとクリティカルもこちらにつく。
光闇属性混成パーティが組めたりと飽きがきやすい単色編成に刺激をくれる。


オケアノス:「召喚で味方を復活させる」は貴重だがいかんせん成功率に難有り。上位互換に「エウロペ」が実装された。
加護は中途半端なので光と水の石がない序盤のお供に。


ナタク:風属性石なのになぜか火属性の追加ダメージが高威力。火の申し訳程度のダメージカット(20%)と風と火の属性攻撃力アップはカーバンクルを下回るため器用貧乏感がある。
序盤に拾ったら高威力の火尖鑓(カセンソー)に敵をまとめてなぎ払ってもらおう。

メドゥーサ:土で出ればとりあえず当たり。マリウスの土バージョンだが、鍛えた後は弱体耐性のアップがつく。

フラム・グラス:最終的に火水混成で効果を発揮するようになるがそもそも単一属性有利の現環境では玄人向け。

ガルーダ:通常攻撃が痛いタイプの敵から1ターン身を守れる。序盤は他に取るべき石があるので優先度は低め。


ローズクイーン:「カジノでアナトを取るのが苦痛だ」という場合、同じ上限解放80%石ながら防御面で上位互換に当たる。
風はしばらくマグナ編成(ティアマト・マグナ石)で十分な環境なので無理して取る必要はない。

カーバンクル上位シリーズ:当たったら捨てずに取っておけ。将来役に立つ。


カツヲ:マリウスやヴァルナを持っておらず、水属性の伸びがどうしても困る場合に一考。
召喚を水属性でそろえないと真価を発揮しないという寂しんぼなので、ある程度ゲームをこなして水属性石がそろってきてからでいい。
じゃないとカニやサメ、漁船とかで埋めることになってしまう。それはそれで趣あるが。

セスランス:粘る(ターン数経過)と強くなる石だが、初心者はそもそも粘れない。性能自体は悪くない。

テスカトリポカ:土属性のいろんな種族のキャラがそろってきたら採用。
召喚効果の「追撃(ダメージ2倍)」はつくことが稀で「お前そのゴーグルに度を入れろ」と言いたいところだが、
最終上限解放実装が予告されており改善される可能性も。


セト:敵が多い時に真価を発揮するがこのゲーム、ボスがだいたい1体なんだよなぁ。
開幕火力でマルチ戦をヒットアンドアウェイで荒らすような玄人向け。
召喚効果は割りと回避・連攻を実感できる程度には優秀。

テュポーン:エンドコンテンツ「アルティメットバハムート」にて、サブまで吹っ飛ばすトンデモ攻撃にちょっとタンマ!を掛けられることで一躍注目された石。
初級は使わない。出たら大事に取っておけ。

トール:デバフ盛り盛りできるが、初級者が使う頃(ターン数経過後)には既にデバフが整っていて場面がなくなってる。
ハイレベルマルチで弱体に耐性付いた相手を再び叩きつぶすための石なので序盤はいらない。出たら大事に取っておけ。

ナハト:カツヲとガルーダを足して割ったような石。闇の石がないなら一考の余地ありだが他人(サポート)からは使ってもらいにくい。自分で使う分には当たり。

アフロディーテ:光属性のいろんな種族のキャラがそろってきたら採用。ルシフェルもない、ゼウスもマグナもまだまだだって時に別角度で戦力をプッシュしてくれる。自分で使う分には当たり。

ガルラ:カツヲの風バージョン。風には既にアナトがいるので無理して取る必要がないが風属性のEX武器(というカテゴリ)が増えてきているので、今後の伸びがないこともない。


以上、2017.8月時点の自分の所感。

別窓 | グランブルーファンタジー | コメント:7 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
【グラブル】2017年8月プレイヤーズリポート 所見その2 これからの予定
2017-08-07 Mon 12:00

2017.8.2
グランブルーファンタジー夏の生放送 にて。
これからの展開。

・スタンプの追加
・アーカルムの転生のシングルプレー化
・パンデモニウム最終章の追加
・JMP最終段階実装
・EXジョブ追加
・コラボ決定「刀剣乱舞」(9月)「カードキャプターさくら」(10月)発表
・プレー環境整備
・購入特典の紹介(販促)

gbf-sumsp031stum
恒常スタンプの追加。
イクニアさん(巫女ファンの呼称)スタンプがあることから、8月9日より復刻開催される「舞い歌う五花」にあわせて実装されるものと思われる。

関係あるかもしれない記事
ややネタバレ)舞い歌う五花 スタート(2016年版)
モバマスコラボ第5弾 予告。メンテ後にまた会おう!

・・・

「アーカルムの転生」の転成
gbf-sumsp032ark001
初期実装時とストーリーが同じかは不明だが、過去の覇空戦争時代に転送して歴史を追体験していく話だった。
マルチプレー形式で没った本イベントが転成される。

いやぁ、赤ルームの天成とはよく言ったものだ。

gbf-sumsp032ark002justice
属性は風っぽいね。

gbf-sumsp032ark003hungdman
対応する賢者はカイム君。属性は土で、小生意気なガキだ。


調整後はわりと痛かったハングドマン。


gbf-sumsp032arkdeath
雰囲気はセレストに近い。属性は闇っぽい。

gbf-sumsp032arkdevil
対応する賢者はフラウ嬢。属性は火。わりと完璧お姉さんだったんだけど・・・。


※現在は図鑑が封印されたのか賢者に関する項目が読めない。


腕の登場の仕方が非常にベヨネッタっぽかった。

gbf-sumsp032arkjudgement
対応属性は土ってところだろうか。

gbf-sumsp032arkmoon
対応属性は水っぽいね。

gbf-sumsp032arkstar
対応する賢者はガイゼンボーガ君。属性は光のパワー型アブナイおっさん。


スタープラチナっぽいし、実際オラオラしてくる。

gbf-sumsp032arksun
対応属性は火っぽい。

gbf-sumsp032arktemperance
対応属性は風っぽく見える。

gbf-sumsp032arktower
光だろうか?いまいち予想がつかない。

gbf-sumsp032arkworld
前回は闇だったが、「無属性」が実装された昨今どう調整されるか。

すべての賢者が「赤い石」を装備している点から、なんらかのキーアイテムかと思われる。


ハッ?!全部集めてファイアブリンガーさんを呼び出す・・・


まさか、サガスカ「緋の欠片」編をグラブルでやることになるのか!(暴論)


・・・

gbf-sumsp032arktitle
なお、過去の記事
アーカルムの所見(2016年版)
アーカルムの転生 スタート(2016年版)
エイジオブアーカルム(2016年版沈黙)

・・・

パンデモニウム最終章の追加
gbf-sumsp032pandemo
共闘クエストのソロ可能化も実装。
気兼ねなくできるコンテンツにしていく。

ちなみに共闘クエスト自体は空の底たる「赤き地平」につながっているパンデモニウムを降って調査するというストーリーとなっている。パンデモニウム自体の役割についてはシナリオイベント「どうして空は蒼いのか」で語られることとなったがここでは割愛する。

gbf-sumsp032pandemo2
JMP(ジョブマスターピース)に最終段階が実装。クラス4の主人公所持武器。

gbf-sumsp034NewEXjob
SSRアンスリアがジョブモデルにいるため、そんな感じのジョブになるのだろうか。

gbf-sumsp034NewEXjob2
こちらはまだまだ掛かりそう。


・・・

コラボ発表
gbf-sumsp033corabo
「活撃刀剣乱舞」としてコラボ発表。
自分の持ってる事前知識は「艦これ」の刀バージョン女性向けという認識。

9月開催ということで、いつものパターンで予想するとしたら9月7日~9月21日の間で期間長めに通常イベントと被せてイベント期間を設けてくると思われる。

gbf-sumsp033corabo2
開発中の絵柄が公開されている。
色を属性に当てはめるなら三日月宗近が水属性和泉守兼定が火属性と推定されるので複数属性並行討滅戦形式と思われる(※)。
一方で2体実装の場合、ウル4、ストVコラボのような気合入ったパターンもありえるので油断できない。


gbf-sumsp033corabo3
さらに「CCさくら」(小学生編)とのコラボが発表。盛り上がりがすごい。
なんかカードにレリーズ(リリース)って言いながら杖でぶった叩いてる覚えしかない。

タロットカード…クロウカード…
ハッ?!アーカルムとコラボ?!(暴論)

※参考:コラボ討滅戦形式イベント
テイルズコラボスタート。グラブルの設定について
テイルズコラボ2弾予告、光ガンスリ雑記
サクラ大戦コラボ 所見
ウル4コラボ 所見
グランブルーファイターV 所見


gbf-sumsp035new
騎空団まわりの機能改善、環境整備が予定されている。こういう地味なアプデは良い。


・・・

gbf-sumsp032fes
リアルイベントとしてグラブルフェス。

gbf-sumsp036nina
初見だったけどけっこうクオリティ高くおもしろかった神撃のバハムートV.S.のディスク特典。


グラブルアニメをこのクオリティでやってくれたら最高だったが、現行の雰囲気もふんわりしていてそれはそれでありか。

gbf-sumsp036skin
6巻にアニメ版を基にしたグラン、ジータスキン。見た目ファイターだがアクションなどが昨今の演出にかわっているとのこと。

gbf-sumsp036skin2
7巻に水着。


ヘビープレイヤーはジータ無双を追体験しよう。


別窓 | グランブルーファンタジー | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
BACK | 廃れ雑記 | NEXT