プレイヤー考察 その3「適当なゲームを探す」
2007-03-04 Sun 20:01
前回のまとめ
「廃人化を支えるものは他者からの優越感と意識であり、それを与えるMMORPGは中毒性の高い精神ドラッグではないだろうか」
MMORPGは中毒性の高い精神ドラッグ

超極論。





PvE系MMORPGにおいて廃人化する要素は他者の存在であった。

では競うことではなく、純粋に他者とのコミュニケーションを重視するコミュニティ系プレイヤーや、他プレイヤーをゲームの一部とみなすゲーマーはどうしたらよいのだろうか。

結論から言うと「他ジャンルのゲームへ移る」ということである。

MMOGのジャンルの移動で幸せになれるかもしれない

図:PvE系の無限ループから抜け出す

ここで「他ゲー」と言わず「他ジャンル」と言っているのは当然、同じジャンルのMMOゲームを始めたところでシステムの細かいところやインターフェースの違いはあれど最終的に行き着く先がほぼ決まっているからである。

せっかくなのでFC2ブログランキングや友人がやってるゲームからいくつかカテゴリに分類してみよう。
廃れ雑記をブログランキングに叩き込むッ!
FC2 Blog Ranking


PvE(Player vs Enemy)系


クリック・3D・バードビュー系
・リネージュ
・リネージュ2
・FF11(ファイナルファンタジー11)
・RO(ラグナロクオンライン)
・ゼネピックオンライン
・PSU(ファンタシースターユニヴァース)
・TW(テイルズウィーバー)
・ミックスマスター
・アスガルド
・ロストオンライン
・コルムオンライン
・レッドストーン
・トリックスター
・MoE(マスターオブエピック)
・ロボ聖紀C21

2D横スクロール系
・メイプルストーリー
・鬼魂
・ドラゴンジェム
・ラテール(β)
・ワンダーキング(β)
・アラド戦記

PvP(Player vs Player)系


・FEZ(ファンタジーアースゼロ)
・WorldWarCluft
・ギルドウォーズ
・WarRock
・GunZ
・グランドチェイス
・パンヤ
・AoE(エイジオブエンパイア)(エイジシリーズ)

Etc(Communication or Simulation)系


・マビノギ
・コレピク
・セカンドライフ
・ときメモ(ときめきメモリアル)オンライン(7/31廃校(サービス停止)決定)
・DJMAX


・・・PvEに近いPvPや、PvPの要素を持ったETCなどもあるが、挙げていったら膨大な数になる。


PvE系のゲームではMOB資源の奪い合いが間違いなく起こる。

PvE系MMOGの進行

人数が増えれば必ずその中で1番を取ろうとする者は出る。
MOB資源の独占など効率を求めるプレイヤーが増えることによりPvE系MMOが抱える問題は進行していく。

たとえば「ドラゴンジェムプラス」ではサービス開始から早くもMOB資源の奪い合いが問題となったようである。
PvE系MMORPGの抱える病理に対する耐性が低い=MMORPG慣れしていない(他人との競合を割り切れない=わがまま)プレイヤーが多いゲームではその進行も早いのだろう。

メイプル厨は同系統のPvEにも流れている

図:メイプルで見かけたプレイヤーの画像を鬼魂のアップローダで見つけた。2DPvEゲームの悪習はこうして広まらんとしている。

β中の「ラテール」ではこのPvE系MMORPGの抱える問題の危機感を感じてか「狩場占有の流れを止めよう」いう流れがあるそうだ。
その活動・呼びかけには非常に賛同できるが、前回の記事で述べたとおりそれはβでプレイヤーの大半が廃人コース下位層に位置しているからであり、それに属することを良しとしない存在は発生する。

こういった活動・呼びかけにより、PvEの抱えるMOB資源問題の進行は遅らせることができるかもしれないが、残念ながら画期的なシステムでもないかぎりおそらくたどり着く先は同じである。

この問題に対する対抗・解決策は何か。メイプルでは既に韓国版(KMS)が示していることであるが、これは後日の記事にする。


上述した2つのタイトルはメイプルストーリーと似た2D横スクロールタイプのMMORPGである。

ところが3D型・バードビュー型のPvE系MMORPGタイトルでもMOB資源問題は発生しているし、むしろこちらのほうが先だったのではないだろうか。

こうしてみると、細かい仕様やインターフェースが違うだけで、どれも似たり寄ったりな感じに見えてならない。
おそらくROをやったことがある人ならゼネピックはすんなりできるだろうし、メイプルをやったことがある人ならラテールもすんなりできるだろう。逆もまたしかり。
ザクI・ハイザック・ザクⅡ・強行偵察型ザク・・・みたいな似たようなもののマイナーチェンジに似ている。
ランバラル 

MMORPGもシステム的なネタに詰まってるのかもしれない。

ちなみに私はクリックゲーが好みに合わなかった。

PvE系MMORPGをやるなら、世界観が異なるだけで取り巻く現実問題が同じというところに留意する必要があるのかもしれない。



話がズレた。

他プレイヤーをゲームの一部とドライにみなせる「ゲーマー」はPvE系で奇・研究プレーも良いが、まさにプレイヤーがゲームの主要素となっているPvP系をやってみるといいかもしれない。

数値と時間によって決まるPvEとは異なり、己の操作と知略が重要な要素となるゲームはあなたの性格とマッチするかもしれない。

GunZ:チーターとの戦い。勝てるわけがない。

図:GunZ:チート使いとの戦い。勝てるわけがない無駄な抵抗であった。

自分は「GunZ」ほどクイックな操作が重要なゲームは流石にバテたが、「FEZ(ファンタジーアースゼロ)」くらいであれば必要な要素がアクションだけではなかったためかRTSの要素も含んでいたためかぴったりマッチした。

FEZ:崖降下直後の激戦区

図:FEZ:崖降下直後の激戦区。私のパソコンではラグりまくり。

PvPというとアクションに目がいきがちだが、カードゲームによる対戦やRTS(リアルタイムストラテジー)なども立派にPvPである。

また、「パンヤ」は確かに他人とスコアを競うという要素はあるのだが要は己との戦いになる。



またコミュニケーション・他プレイヤーとの関係重視志向の人はSLG(シミュレーション)系のゲームをやってみると幸せになれるかもしれない。

「マビノギ」であれば世界感を味わいつつ仮想世界でまったり生活するといったことができるだろう。
「コレピク」であれば自分の作ったものを公開したり、他人が作った作品に触れたりできる。他人がいてこそ面白いゲーム(?)。

「セカンドライフ」はゲームではないそうだがこれはマジで仮想世界。ゲームで作成したものをリアルマネーに変換できる(良いものを作らないと売れないのは現実と一緒)。逆にほしいものはリアルマネーが必要になる。

コミュニケーション・シミュレーション系はあまりやっていないので表面上のことしか書けないが、PvEにうんざりしている人は斬新かもしれない。
逆にPvP志向の人はつまらないかもしれない。



最近まで「狩場の独占をなくそう」とか「ボスMOBキャンプなくせ」とか「他ゲーみたいに同マップ狩りくらい許容しろよ」とかぐだぐだ言っていた。
が、方向性が決まった枠の中(ここではPvE系)で、根本的に志向が違う「廃人コース」にいる人間に「ゲーマー的意見」を言ったところで通じないのは当然であったのかもしれない。


ある意味「割り切り」や「あきらめ」ともとれるかもしれないが、MOB資源問題に対する対抗策はそこにヒントがあるように思う。


次回に続く。

廃れ雑記をブログランキングに叩き込むッ!
FC2 Blog Ranking

な、なんちゃってー!?

スポンサーサイト
別窓 | 考察:MMOゲーム関連 | コメント:3 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<コミック応接間「左寄せ編」最終回 | 廃れ雑記 | プレイヤー考察 その2「廃人コースと精神ドラッグ」>>
コメント
電子ドラッグに見えました
2007-03-05 Mon 13:58 | URL | 通りすがりの杏の斬り #4Nk3mFpQ [内容変更]
■ 管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007-03-05 Mon 17:33 | | # [内容変更]
>>通りすがりの杏の斬り さん
なんというヒグチ・・・!

>>匿名 さん
後々の記事で述べるつもりだったのですが、つまり真ん中のエリアにいるわけですね。
むしろいいことだと思いますよ。
2007-03-05 Mon 23:02 | URL | スカハイ #29gbB7Dg [内容変更]
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

トラックバック
トラックバックURL

∧top | under∨
| 廃れ雑記 |