FC2ブログ
【グラブル】SSRターニャ実装、EX+背水なし1ターンキル。
2019-01-19 Sat 00:00
2019.1.17グランブルーファンタジーアップデート。


ターニャがSSRリリース。彼女のエピソードの一旦の終着点となる。
ホークアイ寄りの性能からアサシン寄りの性能となっているような印象。


攻刃大・奥義上限上昇のガンドリン。

マグナⅡ編成ができていない自分は今回これに大いに注目した。後述する。


2つ名ケルベロス。お手軽闇100%石。
初・中級者は大いにお世話になるだろう。


スカルのアナザー版SRが登場。性能的にはSR+ 感ある。


※ちなみに自分はイベント配布SRスカルを武勲用賊パーティで好んで使っている。


・・・

今回のグランデフェスで手持ちの5万近くの石と200枚近くのチケットを使ってガンドリン獲得を目指した。


グラブル4年以上やって初バハムート。
うーむ、今更感あるけど強力な石であることは間違いないのでありがたく。


結局出なかったので輝石交換で獲得。


ダマスカス鋼とヒヒイロカネ2個を即投入し、最終上限解放。

・・・

ガンドリンを採った理由
なぜこんなパっとしない短剣に貴重なヒヒイロカネを突っ込んでまで最終上限解放させたのか。

1:マグナⅡ編成がない。
自分は約1年ほどまともにプレーしていない期間があったため、マグナⅡの環境についていけていない。
アバターHLでドロップするいわゆるマグナ系必殺武器が全然ない。

2:水着ゾーイがいない。
均衡を守る女が聞いてあきれるバランスブレイカー、背水パーティ必須の水着ゾーイがいない。

上記2点から、背水なしでEX+をどうにかできないかと考える必要があった。



手持ちのキャラでなんとかできないかと試行錯誤もしてみた。
たとえばヴァイトには相手の加速と引き換えにこちらの奥義威力をUPさせるアビリティがある。


んんん、微妙に届かない!


EX+一撃必殺といえばSRルリアも候補に挙がるが、自分の闇パーティだと「あと一押し」が足りない!

この「微妙に足りない奥義威力をどうにかできないか」
もしくは
「どうにかあと一押しができないか」
という場面でSSRターニャとガンドリンが登場である。

・・・

編成組んでみた。
計算機は使っていない。
ぜんぜんわからない、俺は雰囲気でグラブルをやっている。


フレンドは4凸バハムート想定。
奥義上限アップの「イクシード」系スキルは30%までは加算処理だったはずなので2本入れても効果があるはず・・・!
※上記画像ではヘルマニビスも2凸、ガンドリンはそもそもLv不足でイクシードスキルが起動していない。
そもそも1撃で沈めること前提で背水を使わないのであればグラーシーザーを
2本も入れておく必要があるのかという話だが、他にステータスが高い武器もないのでシンプルに組んでいる。



アビリティ全部使用、メカニック奥義ぶっぱ。
ターニャ185万、ユーステス289万+追撃69万、アザゼル288万、チェインバースト174万。


ここで反撃のエンダイブブローがくるのでターニャに回避させる
(ユーステスのツーマンセルを掛けておいて高回避率)。



回避したのでサポアビ「月光の如き銀髪(アサシネイト)」が発動する。追撃約41~51万。
シャドウを受けていても発動できる点がグッド。
この追撃が「あと一押し」となる。



ターン後に発動するニンブルスロー。追撃約52万。
(修正されるだろうが)ターン終了後に自動発動するので死体にも残心ナイフを忘れない(笑)。

※ちょっとこのナイフ周りはバグっていて、追撃のニンブルスローで敵HPが回復するような挙動をみせる。
修正されたら強力な追撃になるだろう。


そんなわけで4凸バハムートが要るなどの条件はあるものの、
背水なしでEX+1ターンキルができるようになった。
さっきの編成見ると、そもそもイクシードが一つ発動していないのだから単純に攻刃が足りなかっただけなんじゃね?
という懸念が浮かび、そもそもガンドリンじゃなくてもよくね?
というところで、重要なのはアウトプットたるキャラのターニャであり、

「涙を流すな、前を向け」

ってエモいフレーズをターニャの親父さんからも教わることができたのでよしとする。


ちなみに自分のグラブルのシステムの考え方は以前も述べたことがあるが、
「武器を並べてキャラでアウトプットする」だ。
これはデッキから手札を並べて代表カードで殴る構図と同じだ。

過去記事:【グラブル】テイルズコラボ2弾予告、光ガンスリ雑記(装備組んでいて感じたこと)



※ちなみにイシュタル(攻刃大・奥義中)があったのでメイン武装として使ってみたのだが、1凸ではステータスも低く、威力上昇も頭打ちで入れる意味がなかった。
・十狼雷・黒天の攻UP・アビ攻UPが地味にターニャのナイフとユーステスの追撃をブーストしている点は見逃せない。
・最終上限解放されたら効果が全体化しそうで、そうなるともうサンダーオブファントム君の居場所がなく・・・もともと無いか。


まあ、これだけ試行錯誤したところで鰹剣豪やゾーイ背水編成が猛威をふるっているので自己満足。
ここまでやって実もふたも無いが結局のところ、水着ゾーイを当てたら一撃で解決してしまうのだ・・・。

「涙を流すな、前を向け」

の精神は時として、たとえ一撃編成ができなくても強く生きろ
という大事なことを俺達に教えてくれる。



<追記>
ガンドリンをLv120以上にし、イクシードスキル(奥義上限アップ)が発動したところブレイクスルーが起きたので記録する。


主人公228万、ターニャ208万、ユーステス315万+70万、アザゼル324万と、
主人公含め一人頭約20~30万近く奥義ダメージが乗るように。


届いた!これにより4凸じゃなく3凸バハムート(属性120%)でも充分となった。
100%でいけるようになれば石の幅がかなり広まるんだけどな。

<追記>
シヴァでもギリいける。これにより選べる石の幅がかなり広くなった。(4凸セレストしかフレンドに出ない状況でも火属性からシヴァを借りられるパターン)



ならばと、追加ダメージ持ちの犬スカルやSRルリアの奥義ぶっぱ、カウンター持ちのウーフ&レニーを試したが微妙に足りず。
ターニャの攻撃アビリティによる削りが地味にまだ必要だったということだ。









スポンサーサイト
別窓 | グランブルーファンタジー | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<【グラブル】猫イベント、SSRセン、ダーント実装。 | 廃れ雑記 | 2019年あけましておめでとうございました。>>
コメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

トラックバック
トラックバックURL

∧top | under∨
| 廃れ雑記 |