FC2ブログ
ビストロフェードラッヘに見る2018年
2019-01-09 Wed 05:00
新年あけましておめでとうございます。
更新頻度を落とした去年からもコンスタントに尋ねてくださる方、
ゲーム内でお声をかけていただく方がいらっしゃり、僕としてもこうやって記録することは良い気分転換かつ趣味にもなってたので続けたいなと思うところではありました。
とりあえず状況に慣れてきてからは頻度を落として、二度とは撮れないアプデスクショを記録するにとどまり、毎日ログインはしておく、古戦場はできる範囲でプレーする程度となっておりました。
自分にとって「月刊グラブル」は毎月楽しみなコンテンツなのです。

・・・

2018年は自分にとって最もしんどい年だったと思います。
勢いでカバーできる若さと無謀さはもうなく、現実と向き合う必要がありました。
この1年で最も老けたと思います。良くも悪くも大きな転換点でした。

当時の記事
年末までたぶん更新止まるお知らせ
【お知らせ】グラブル休止のお知らせ


その日は忘れもしません、2017年のグラフェスの日です。
当時の記事
【グラブル】画像多め)グラフェス2017 所見


記録では予約投稿機能があるので淡々とつけて正月に投稿されていますが、
2017年のグラフェスの後、自分は出勤だった…

・・・




出勤時間を過ぎてもスタッフのほとんどが出勤しない。
というか内部含めて8割の人間が連絡がとれないという異常事態
その後、営業開始時間を迎えて数分後、連絡網グループからの一斉離脱のログが流れだす。

人数を取りまとめて動いているということは明らかに組織的な動き、少なくとも裏で画策、実行している者がいたことは明らかだった。
彼らの離脱先を用意してあるということだからだ。


ビストロフェードラッヘでは短期的な妨害策としてスタッフを抜いたが、長期的にはこの人気店の店長が弱体化した不人気店舗を買い取る交渉を持ち掛けた後、前経営陣を追い出して引き抜いたスタッフを軸にリニューアルオープンをかけることでスムースな乗っ取りを行うことも可能性としてあった。イベントではグランや四騎士などの外部援助が入っていた事でそこまでエグいことにはなっていない。


取り急ぎ重要なことは、戸惑い、怒り、嘆き、悲しんだところで現実が動くわけではないということ。
この「現実は動かない」と基点を設定することはある種の達観というか、そこを元にこのあとどうすべきかを考えるうえで役に立った。

上長が状況確認、指示を出すまでの間、通常業務は停止。
自分はとりあえず問題が発生しそうなものをチェックして対応することにした。

残ったスタッフは「この策を知っていた(詳細の違いはあれど)けど乗らなかった者」
「(計画に邪魔または不要で)知らされていなかった者」の
僅か数名という状況で空気は重い。


ここで「この策を知っていたけど乗らなかった者」という残存スタッフの存在についてだが、彼らは義理だったり自分の中の価値観を徹すことにしたスタッフだった。知っていたのに何故言わなかったのか?という疑問はもっともだが、彼らも話せば崩壊が早まる、話さなくても終焉が待っているという板挟みにあった。彼らもまた闇を抱えて悩んでいたのだ。


もう起きた後なのでネタバラシをしてもらったが3ヶ月前から画策されていたもので、決行日については中核以外の残りのメンバーは1週間前に展開され実行に移されたものとのこと。
決行日前日まで一緒に飲みに行ったり食事を共にしたメンツもいたためこれはわりとシビれた。
若い残存スタッフはショックで翌日塞ぎ込む者も出た。
(ただこれは僕ら側からの視点の話で、離反組のスタッフの中には「この日からこちらに出勤してくれ、理由は後日説明する」と作戦を知らされないまま動いた人間もいたことが後に判明している。まあ関係ないが。)


規模的には即死する程度(登記を書き換えていたり、口座押さえたり、情報物、財物を事前に抜く、削除するなど)ではないものだったが、運営には致命的で事業継続の可否を問う事態となった。



組織に溜まった不満は蓄積したまま解決しないと、後押しやテコ入れで暴発する。組織としては末期だったのかもしれない。

・・・

少人数ながらリスタートを切ったが、かなり苦しいものだった。
ビストロフェードラッヘでは四騎士らが加勢して有能なコンサル力を発揮し新コンテンツの開発や自己調達を行っていったが、現実はそんなに都合よくはいかない。


そのコダワリは結果を生んでいない。改革には当然現場の人間に不都合な内容も多分にあっただろうが、結果の利益を取るにせよケツを拭くにせよ責任を取るのは経営側だ。


約1年粘ったが撤退することとなった。
末期を身に感じつつ組織が荒んでいく様というのは体験したくないものだ。


今、自分は当時の会社の残存処理をしつつ夜勤で食いつないでいる。

俺は何か温かい感動を経験、体験させられる仕事をしたいなって思えるようになったけど、あまりにも時間を食い過ぎた。


・・・


そんなわけで2018年下旬にグラブルで開催されたシナリオイベント「ビストロ・フェードラッヘ」
とてもシンパシーを感じるものだった。


スポンサーサイト
別窓 | グランブルーファンタジー | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<2019年あけましておめでとうございました。 | 廃れ雑記 | 【グラブル】十二神将クビラ、新組織組 実装など>>
コメント
あけましておめでとうございます

そんな状況だったとは…相当きつかったと思います。まじでお疲れさまでした

自分は工房三姉妹イベダンおじのダメ人間加減が刺さりました。自分に似てて泣けてきました

しばらく大変なのかもしれませんが陰ながら応援してます
こうやってたまにブログ更新してもらえると嬉しいですが無理のないようグラブル遊んでください
2019-01-09 Wed 18:29 | URL | ぽん #- [内容変更]
年明けの記事だやったーと読み進めていたら、そんな大変な状況だったとは…。

語彙力がきくうしなせいでうまいこと言えませんが、自分も陰ながら応援しています。
2019-01-11 Fri 17:17 | URL | 名無しのきくうし #OARS9n6I [内容変更]
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

トラックバック
トラックバックURL

∧top | under∨
| 廃れ雑記 |