対ネトゲ後遺症 その3「共通言語」
2007-09-07 Fri 00:00
(この記事は9月6日に書かれたものです)

読者に伝えやすい、分かりやすい記事を書くにあたって注意すべきことはどのようなことであろうか。


「共通言語」

エスペラント語のことではない。
もし私たちが読み手により理解してもらいたいと望むのであれば、「共通言語」を使うべきであり、「ローカル言語」を用いるべきではない。


「共通言語」とは簡単に言えば「一般人に通じる言語」である。
「ローカル言語」とは「ある限定された範囲でしか通じない言語」である。

簡単な事例を挙げてみる。
共通言語
共通言語編

A「このアバターそろえるのに1万円も使ってしまったよ!」
B[ええ!?」
C「すごく無駄遣いだね」


ローカル言語
ローカル言語編

A「このアバそろえるのに10Kもした!」
B「うはw」
C「ちょwwおまwww自重www」


いかがだろうか。
たとえば読み手に前提知識がない場合、「アバ」「10K」「w」などの略語、スラングは理解しづらい。
記事を書く際はその点にもできるだけ注意し、スラングなどには注釈で一般的な説明をつけておくとよいと思う。


また、このことから考えると他人の日記ブログがいかに読み手の関心を引きづらいかが分かると思う。
なぜなら我々が読んでいる日記ブログは「自分が関係している」ということが読む動機であることが多い。
自分の内輪話を書いたところで、結局のところ身内で収まってしまうことなのだ。

したがって「○○に横された」「▼▼に詐欺られた」「■■な強化品ができた」といった内容は、同じ土俵にいるプレイヤー以外の読者を惹きつける力が弱いことを認識しておかなくてはならない(もちろん同じ土俵にいる人の関心は高い)。


ならばどうやって日記ブログで読者を惹きつけるか?

「日記の共通化」と「オンリーワン化」を試みるとよいかもしれない。
たとえば私は杏サーバの出来事を「漫画」という素材で読みやすくした。また、ゲーム内の出来事をゲームの外(我々がいる世界)から見た視点で考察してみた。
そうやって読みやすくしたうえで「他にはないコンテンツを売りにする」のである。
多数が狩りの日記を書く中、少数が狩りの方法を書けば関心が高まるのは少数の方であることはみなさんもご存知のとおり。


以上のようなことを留意してブログの記事を書いてみるといいかもしれないし、私も注意していきたい。





廃れ雑記をブログランキングに叩き込むッ!
FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト
別窓 | JMS対ネトゲ後遺症 | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<対ネトゲ後遺症 その4「期待を裏切らない」 | 廃れ雑記 | 対ネトゲ後遺症 その2>>
コメント
いろんな意味で日本語って進化してるよね。
もちろん悪い意味で。

ジョジョネタとか一種のブラックユーモアが理解できる人には
廃れ雑記はたまらんコンテンツだと思う。
2007-09-07 Fri 02:45 | URL | 紗夢 #- [内容変更]
私はローカル病菌に侵されたというのか・・・!
まぁ、10kやwなどのローカル言語は使ってしまうからなおさないと自分が壊れてしまう\(^o^)/
2007-09-07 Fri 08:26 | URL | マーズノルト #- [内容変更]
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

トラックバック
トラックバックURL

∧top | under∨
| 廃れ雑記 |